朝起こる高血圧について

朝起こる高血圧について

一般的には、朝は血圧が低く、徐々に血圧が上昇していくものですが、朝の時点で高血圧に悩まされている方も多いため、朝だからと言って油断は禁物です。朝血圧が高い状態のことを、早朝高血圧と言います。そこで、早朝高血圧について詳しくご紹介しましょう。

どのような場合に早朝高血圧だと診断されるのかというと、朝と夜に血圧を測定した時の平均が、135mmHg以上の場合で、尚且つ朝と夜の血圧の差が、15mmHgから20mmHg以上ある場合に診断されることになるでしょう。降圧剤を服用している場合は、特に早朝高血圧になりやすいとも言われていますので、降圧剤を飲んでいるからと言って、安心はできません。自分が早朝高血圧であることに、なるべく早く気づくことが大切です。

年齢を重ねると、ノンディッパー型という、夜になっても血圧が下がらずに、そのまま朝を迎えるタイプの高血圧になることがあるのです。ノンディッパー型の場合、脳梗塞などの病気にも繋がると言われていますので、恐ろしい病気なのです。

また、睡眠時無呼吸症候群や糖尿病といった病気に罹っている方は、早朝高血圧になりやすいと言われているため、そのような傾向にある方も、できれば朝だけでなく、夜にも血圧を測定し、それに対する対処をすることをおすすめします。