妊娠高血圧症候群に注意しましょう

妊娠高血圧症候群に注意しましょう

妊娠をした時には、高血圧になりやすいとも言われています。妊娠をしている時というのは、自分だけでなく、胎児にも影響を及ぼす危険性があるため、高血圧には特に注意しなければなりません。だからこそ、検診の際には、必ず血圧を測定することになるのです。

妊娠高血圧症候群は、昔、妊娠中毒症とも言われていましたが、高血圧だけでなく、尿たんぱくなども関係してきます。場合によっては、むくみが出ているかどうかというのも、一つの判断基準になります。

妊娠初期の段階で、妊娠高血圧症候群だと診断されることもありますが、多くの方は、妊娠中期や後期になってから、急に血圧が上昇することがあります。ですから、妊娠初期で血圧が安定しているからと言って油断してしまうと、高血圧に悩まされることもあるのです。

妊娠高血圧症候群は、高齢出産や若年出産の場合、多胎妊娠の場合、ストレスを抱え込んでいる場合、睡眠不足が続いている場合、太り過ぎている方、糖尿病や腎臓病を患っている方などに起こりやすいと言われていますので、このような方は、あらかじめ妊娠高血圧症候群になる可能性があると思い、生活習慣に気を付けた方が良いでしょう。場合によっては、早産になってしまう可能性もありますし、出産をする時のトラブルにも繋がりますので、予防をすることをおすすめします。