高血圧の症状にはどのようなものがある?

高血圧の症状にはどのようなものがある?

病気というのは、自覚症状が現れるものですが、高血圧もその一つです。高血圧の自覚症状も多々ありますので、高血圧では無い方も、あらかじめ把握しておくことにより、自分が高血圧であることに、なるべく早く気づくことができるでしょう。

高血圧の症状としては、頭痛やめまい、肩こりなどがあります。頭痛と言っても、偏頭痛の方は高血圧によるものなのかどうか気づきにくいかもしれませんが、高血圧の場合は、後頭部に痛みを感じやすくなります。頭が重いと感じることもあります。

また、高血圧の場合に、めまいが生じることもありますし、低血圧の場合に起こることもあります。高血圧でめまいが起こる場合は、脳卒中の可能性もありますので、もし頻繁にめまいを感じるようであれば、受診した方が良いという自覚症状になります。

肩こりというのは、血液の流れが悪いことによって起こるものですが、高血圧の場合も血液の流れが悪いということになります。そのようなことから、肩こりも起こりやすいのです。

その他、胸が痛いと感じたり、動悸や息切れ、耳鳴りといった症状が現れることもあります。単なる高血圧だと思っていると、実は高血圧だけではなく、動脈硬化などを引き起こしている可能性もあるため、このような症状を感じたら、一度受診をした方が良いでしょう。まずは、自宅で血圧を測定してみてはいかがでしょうか。