早朝高血圧の危険性について

早朝高血圧の危険性について

早朝高血圧は、高血圧の中でも特に気を付けた方が良いと言われています。なぜ早朝高血圧が危険なのかというと、午前中というのは、脳卒中などが起こりやすい時間帯だと言われているからです。

高血圧は、脳卒中や心筋梗塞などの合併症を引き起こす可能性が充分に考えられると言われています。ですから、ただでさえ、高血圧の方は合併症に気を付けた方が良いのですが、早朝高血圧の場合は、朝方に血圧が高いという状態です。脳卒中などは、朝6時から午前中にかけて起こりやすくなるため、血圧が高いと、余計に心臓に負担をかけ、合併症を引き起こしやすくなります。

ただでさえ、高齢の方は、朝方に起こりやすい脳卒中などに気を付けなければならないと言われている中で、早朝高血圧になってしまうと、危険性がその分高まってしまいます。だからこそ、早朝高血圧はなるべく早く治療する必要があると言われているのです。もし、毎朝血圧が高いようであれば、早朝高血圧の可能性もありますので、受診することをおすすめします。