早朝高血圧の治療法

早朝高血圧の治療法

早朝高血圧だと診断された場合は、一般的な高血圧の治療とは異なる点があります。早朝高血圧の場合は、降圧剤を服用しても、血圧が下がらないこともありますので、別の治療法を試す必要があります。

たとえば、薬を服用する時間を変えるという方法があります。血圧というのは、夜になるにつれて、徐々に下がるものですが、早朝高血圧の場合は、夜になっても血圧が下がらないことがあります。ですから、なるべく夜に血圧を下げるために、日中に薬を飲むのではなく、夜に飲むようにするということも効果的です。

また、降圧剤を切り替える必要が出てくる場合もあります。降圧剤にもいくつかのタイプがありますので、場合によっては、降圧剤の効き目を強いものに変更することもあります。それによって、血圧を下げる効果を持続させることができ、朝にも血圧が下がったままの状態にキープできる可能性があります。

その他、α遮断薬といった薬は、朝に血圧が上昇するのを抑えることができますので、早朝高血圧の方にも有効です。このように、色々な方法がありますので、早朝高血圧の可能性があるのであれば、一度受診をして、医師の指示に従った上で治療を行っていきましょう。