高血圧を改善するのに効果的なウォーキングの仕方

高血圧を改善するのに効果的なウォーキングの仕方

高血圧を改善するためには、有酸素運動が効果的だと言われています。高齢になると、高血圧にもなりやすくなりますが、有酸素運動をすると言っても、なかなか高齢で激しい運動をするのは難しいことでしょう。

有酸素運動というと、きつい運動というイメージがあるかもしれませんが、たとえばウォーキングのように簡単にできる方法もあります。ウォーキングは、正しい方法で行うことが大切ですから、正しい方法を学んだ上で取り組んでみましょう。

まず、歩幅は意識をして、なるべく大きく歩くようにしてください。背筋はピンと伸ばし、胸を張ってしっかりと歩いていきます。歩く時には、つま先で地面を蹴り、かかとから着地をします。これを繰り返すだけで、正しいウォーキングができますよ。最後に、腕もしっかりと振るようにしましょう。

ウォーキングと言うと、ただ散歩をするだけで良いと思うかもしれませんが、ウォーキングは散歩ではありません。あくまで運動をすることが大切ですから、意識的に体を動かしながら歩かなくてはならないのです。

できれば毎日、30分程度は続けたいものです。最低でも20分以上続けなければ、あまり意味がありませんので、時間を取るのは大変でしょうが、継続してみてください。