高血圧と水分補給について

高血圧と水分補給について

日常生活を送るにあたり、必ず水分を補給していることでしょう。高血圧にとって、どのくらいの水分を摂取するかというのは、非常に大切なことです。体内の水分が不足してしまうと、血液の濃度が高まり、ドロドロになってしまいやすくなります。それにより、血圧も上昇しますし、脳卒中や心筋梗塞などの合併症にも繋がります。

多くの方は、喉が渇いた時に水分を補給すると思いますが、高血圧の方は、喉が渇く前に水分を摂取することをおすすめします。外出する時にも、必ず水分補給できるものを持ち歩くようにすると良いですね。

また、尿の色を見ると、水分が不足しているかどうかを判断することもできます。尿の色が濃いということは、体内の水分が不足しているということになりますので、積極的に水分を補給しましょう。特に夏場は、体内の水分が汗によって排出されやすいため、高血圧の方は合併症なども引き起こしやすくなりまし、血圧も上がりやすくなります。

これは、年齢問わず、誰にでも言えることです。人間は誰でも、毎日尿などによって水分を排出しているため、それを補って、高血圧の改善に努めましょう。