高血圧に悪い食べ物は?

高血圧に悪い食べ物は?

高血圧に悪い食べ物もありますので、普段の食生活では、高血圧に悪い食べ物を避けるようにすることも、高血圧の改善に役立ちます。

高血圧には、どのような食べ物が悪い影響を与えるのかというと、辛いもの、塩分が強いものが、血圧の上昇に繋がります。たとえば、いろんなものに唐辛子をかける人もいますが、唐辛子は高血圧に良くないと言われているため、唐辛子は控えるようにしましょう。

また、お漬物も高血圧に悪い食べ物だと言われています。お漬物は、意外と塩分が多く含まれています。ご飯を食べる時などに、お漬物が欠かせないという方も多いでしょうが、高血圧の方は、なるべくそのような食べ物も控えましょう。

コレステロールや不飽和脂肪酸が多い食べ物も、高血圧にとっては良くありません。たとえば、チーズ、生クリーム、バター、レバー、うなぎ、マヨネーズ、牛乳などがあります。このような身近な食べ物でさえ、高血圧に悪い影響を与える可能性があるため、高血圧に良い食べ物、悪い食べ物を把握した上で、食生活に気を付けることは大切です。