若い人でも高血圧になる?

若い人でも高血圧になる?

高血圧というと、高齢になるに従って患者が増えると言われています。ですから、若いから高血圧は大丈夫だと思い込んでいる方もいるでしょう。思い込みは、病気にとって良くありません。自分が病気になるはずはないと思っていると、症状が現れていたとしても気づきにくくなってしまいます。

確かに、若い人と高齢の人では、高齢の人の方が圧倒的に高血圧になりやすいのですが、若い人でも高血圧になる場合が増えてきていると言われています。若い人の場合、自覚症状があまりありませんので、自分が高血圧であることに気付きにくいという特徴があります。

また、最近は仕事が忙しく、食事が適当になってしまう、運動不足になってしまうという方もいます。最近の若者に多いと言われていますが、このようなことは高血圧に繋がります。外食をする場合、摂取カロリーが高くなってしまいがちです。このような生活を続けていると、徐々に血圧が上昇して、いつの間にか高血圧になっていることもあります。

ですから、自分は大丈夫だと思わずに、若い方も高血圧予防をすることをおすすめします。少し運動をするように心がけたり、なるべく栄養バランスのとれた食生活を送るということが大切です。