高血圧とロキソニンの関係について

高血圧とロキソニンの関係について

ロキソニンは、解熱鎮痛剤として市販されている薬になります。ご存知の方も多いでしょうが、高血圧の方は、ロキソニンなどの薬を服用しても大丈夫なのかどうか気になりますよね。

ロキソニンは、高血圧の方であっても特に問題は無いとされていますが、プラノプロフェンの場合は、重い高血圧症の方は服用してはいけないことになっています。その他にも、血液の異常や肝機能障害、腎機能障害、心機能不全といった場合に、ロキソニンを服用してはいけないことになっていますので、高血圧で合併症を引き起こしている方は、服用を避けた方が良い場合もあります。

ロキソニンは、市販されているお薬ですから、心配であれば購入する前に、薬剤師さんに相談してみると良いでしょう。もし止めた方が良いということであれば、どのような薬であれば大丈夫なのか聞いてみても良いでしょうし、頭痛などの悩みを抱えているのであれば、かかりつけの医師に相談してみてはいかがでしょうか。トラブルが起きてからでは遅いですから、あらかじめトラブルを防ぐように、確認をした上で試すことをおすすめします。