高血圧の方はなるべくラーメンを避けましょう

高血圧の方はなるべくラーメンを避けましょう

高血圧の方は、食生活にも気を付けなければならないと言われています。人によって食生活は異なるでしょうが、特に塩分の摂取には注意しなければなりません。塩分を摂取しすぎてしまうと、それが血圧の上昇に繋がりますので、血圧が高い方は、塩分の摂取を抑えて、薄味のものを食べるようにします。

日本全国には、ラーメン店が数多く存在していますが、それだけ日本人はラーメンが好きということでしょう。そんなラーメンは、高血圧の方には、あまり向かない食べ物です。ラーメンは美味しく、食べやすいのですが、塩分が多く含まれています。スープまで飲む方がいますが、スープの中には、多くの塩分が含まれているため、ラーメンを食べるのであれば、スープは飲まないようにすることが大切です。できるのであれば、ラーメン自体も避けた方が良いでしょう。

ラーメンにはどのくらいの塩分が含まれているかというと、およそ7gだと言われています。高血圧治療ガイドラインでは、1日に6gまでに抑えるようにした方が良いと記載されていますが、ラーメンを食べただけで、1日の量を超えてしまうのです。13食食べることになりますので、その日の塩分摂取量が大幅に超えてしまう可能性があります。だからこそ、できるだけラーメンを食べるのは避けて、他の食べ物を食べるようにしましょう。ラーメンの他、お味噌汁なども避けた方が良いですね。