高血圧の方は湯船に浸かる時に注意しましょう

高血圧の方は湯船に浸かる時に注意しましょう

高齢の方は特に、毎日ゆっくりとお風呂に浸かるのが好きな方もいるでしょう。お風呂に入ることによって、リラックス効果が得られますし、疲労回復にも繋がります。血行も促進されますので、お風呂に入ることは良いことですが、高血圧の方は、気を付けて湯船に浸かるようにしなければなりません。

血行が促進されるというのは、一般的に良いことですが、それによって血圧が上昇することがあります。急激に血圧が上昇すると、心臓などに負担をかけて、合併症を引き起こす可能性があります。なぜ血圧が上昇するのかというと、お風呂の中では水圧がかかるため、水圧によって静脈などの血管に圧力がかかり、血圧が上昇するのです。

特に、心臓には負担が掛からない様にする必要があるため、湯船に浸かる時には、心臓より下の部分だけが浸かるようにしましょう。半身浴も、心臓のみぞおち部分よりも下部分のお湯に浸かるという方法になりますが、長湯をするのであれば、ぬるめのお湯にしてください。温度が高い状態で、長時間お風呂に入ってしまうと、血圧の上昇に繋がりますし、負担も大きくなります。半身浴は、美容や健康にも繋がりますが、高血圧の方は、注意が必要です。

こういった事を守れば、ゆっくりとお風呂に入ることもできますので、トラブルを避けるために、正しい入り方を把握した上で、入浴するようにしてみてください。