高血圧の薬であるノルバスクについて

高血圧の薬であるノルバスクについて

高血圧を改善するための薬として、ノルバスクがあります。ノルバスクは、血管を拡張し、血液の流れを促進する作用があるため、血管が収縮することによって、血圧が上昇している方に向いています。また、心臓の収縮も、血圧の上昇に関係していますが、心臓の収縮を抑制する作用もあるのです。こういったことから、高血圧の治療だけでなく、狭心症の治療に利用されることもあります。

全身の血流促進効果があるため、合併症の予防にも繋がるという特徴があります。高血圧は、脳や腎臓などに影響を及ぼすことがあるため、高血圧を改善すると同時に、合併症予防にも繋がることから、効果が期待できるでしょう。だからこそ、高血圧の治療としても、頻繁に使用されているのです。

高齢者の方はもちろん、幅広い年代の方が使用できるという特徴もあります。効果が長時間持続する上に、副作用も少なめだと言われています。ノルバスクは、カルシウム拮抗薬としても処方されています。副作用が全くないというわけではありませんので、医師にきちんと確認した上で、利用してみてください。