高血圧を改善する薬の副作用について

高血圧を改善する薬の副作用について

高血圧の薬というのは、様々なものがあります。自分の症状などに合わせて、薬が処方されることになりますが、中には副作用を伴うものもありますので、どういった副作用があるのか、ご紹介しましょう。

まず、カルシウム拮抗薬というものがありますが、この薬の副作用は、顔がほてったり、むくんだり、歯茎が腫れたりといったものがあります。副作用が気になる方は、最初に医師に相談してみると良いですね。

その他、β遮断薬といったものもありますが、この副作用として、息切れや手足などの冷えといったことが挙げられます。場合によって、利尿薬が処方されることもありますが、利尿薬を服用することで、糖尿病や痛風になってしまう可能性もあります。その他、脱水症状が起こるなどの副作用も考えられます。

薬の中には、妊娠中の方が服用できないものもあります。ですから、妊娠中の方で高血圧の治療をする場合は、きちんと医師に伝えておくことが大切です。そうすることで、効果は薄れるかもしれませんが、胎児に影響を与えない薬を処方してもらうことができます。