高血圧の目標値について

高血圧の目標値について

既に高血圧だという方は、どの程度を目標値にすれば良いのか、分からないのではないでしょうか。血圧に限らず、どんなことでも、具体的な目標があった方が、頑張れますよね。

高血圧の目標値というのは、降圧目標とも言いますが、合併症があるか無いかによっても異なります。また、高齢者と若年者でも、降圧目標が異なり、若年者や中年者の場合には、診察室血圧が、130mmHg未満且つ85mmHg未満、家庭血圧が125mmHg未満且つ80mmHg未満となっています。これは、合併症が無い方の場合です。高血圧の方は、診察室血圧が140mmHg未満、90mmHg未満で、家庭血圧が135mmHg未満且つ85mmHg未満、糖尿病や慢性腎臓病、心筋梗塞後患者の場合は、診察室血圧が130mmHg未満、80mmHg未満で、家庭血圧が125mmHg未満、75mmHg未満、脳血管障害患者が、診察室血圧140mmHg未満で90mmHg未満、家庭血圧が135mmHg未満で85mmHg未満となります。

これは、日本高血圧学会による、高血圧治療ガイドラインに掲載されていますので、詳しい情報が知りたい方は、ガイドラインを参考にしてみると良いでしょう。