高血圧のメカニズムについて

高血圧のメカニズムについて

高血圧だという方は、まず高血圧のメカニズムについて理解しておいた方が良いでしょう。もちろん、高血圧ではない方も、高血圧というのは身近な病気だからこそ、正しい知識を身に付けておくことが大切です。

そもそも血圧というのは何かというと、血管の中には血液が流れていますが、その時の圧力のことを血圧と言います。血液は、心臓からポンプのように送り出されているのですが、圧力が高くなればなるほど、血圧が上昇するということになります。反対に、圧力が減れば、その分血圧も低くなります。

血圧には、血液の量も大きく関係しています。なんらかの原因によって血管が収縮することがあるのですが、血管が収縮して細くなれば、当然血液は流れにくくなります。血液が流れにくくなると、自然と、なるべく多くの血液を送り出そうとして、血圧が上昇することになります。

ですから、高血圧を改善するためには、なるべく血管が収縮しないようにすることが大切です。血管の収縮を抑制する方法は多々ありますので、高血圧の方は、そういった方法を実践することが必要になります。