高血圧の方は枕にもこだわりましょう

高血圧の方は枕にもこだわりましょう

高血圧の方は、日常生活において、気を付けなければならないことが多々あります。なるべく睡眠をとるようにするということも大切ですが、睡眠をとる時には、枕を使用しますよね。枕選びには気を付けなければ、高血圧を悪化させてしまう可能性もあるのです。

高血圧の方の場合は、高い枕を使う方が多いと言われていますが、高血圧の症状として、吐き気がする、気持ち悪くなるといったことがありますよね。枕の高さによって血圧が上昇すると、気持ち悪くなってしまうこともありますので、自分に合った枕を選ぶ必要があります。

枕は、高すぎても低すぎてもいけません。高すぎると、頸椎を圧迫してしまいますし、低すぎると内臓に負担が掛かることもあります。後頭部や頸椎部などの目安となる高さがありますし、男女によっても違いがあります。できれば、自分に適した枕の高さなどを計測してもらい、オーダーメイドで枕を作ってもらった方が効果的でしょう。

枕の選び方としては、枕の高さや大きさ、固さといったことにこだわることが大切です。安さだけで購入するのではなく、長い間使うものだからこそ、高血圧を悪化させないようにしたいものですよね。寝ている間というのは、高血圧の合併症を引き起こす可能性が高くなりますし、寝ている間も、血圧が高い状態だという方は多いのです。そういった危険性を少しでも少なくするために、枕選びにこだわってみましょう。