高血圧の人がマラソンをしても大丈夫なのでしょうか?

高血圧の人がマラソンをしても大丈夫なのでしょうか?

高血圧の方は、あまり激しい運動をしない方が良いと言われています。血圧が高い状態で、激しい運動をしてしまうと、更に血圧が上昇してしまいますよね。そうすると、最悪の場合は死に至るとも言われているため、高血圧の方は、どういった運動は避けた方が良いのか、把握しておいた方が良いでしょう。

日本全国では、様々なマラソン大会が開催されていますが、たとえ運動が得意な方でも、高血圧の場合には、マラソンをするのは避けた方が良いのです。軽い運動であれば、そこまで急激に血圧が上昇するということもありませんので、安心して良いですが、マラソンの場合には、息があがるほど激しくなりますよね。毎日歩くのであれば、心臓への負担も少なく、問題無いと判断されることも多いですが、マラソンの場合は、長時間に渡って走る必要があるため、どんどん血圧が上昇してしまい、落ち着くことがありません。そのまま動脈硬化を引き起こしてしまう可能性もあるため、マラソンは避けた方が良いのです。

但し、運動が全て高血圧に悪影響を与えるわけではなく、むしろ高血圧を改善に導く運動もあります。たとえば、ウォーキングもその一つですが、ウォーキングであれば、血圧が急激に上昇するということはありませんし、ウォーキングすることによって、血圧の上昇を抑制することができます。運動不足は、高血圧を進行させてしまいますので、マラソンやジョギングではなく、ウォーキングをするように心がけてみてはいかがでしょうか。