高血圧の2人に1人は早朝高血圧って本当?

高血圧の2人に1人は早朝高血圧って本当?

日本では、高血圧患者が増えていると言われていますが、高血圧にもいくつかのタイプがあります。たとえば、早朝高血圧というタイプもありますが、高血圧患者の2人に1人は早朝高血圧だと言われているのです。

一般的には、朝起きた時に、血圧は最も低下しています。活動するに従って、起床をしてから徐々に血圧が上昇するものなのです。しかし、何らかの要因により、血圧が下がらないまま朝を迎えてしまうと、早朝高血圧という状態になってしまいます。

血圧というのは、毎朝測るのが良いとされていますので、高血圧気味の方も、毎朝血圧を測定することを習慣にしている場合もあるでしょうが、もし毎朝血圧が高いようであれば、早朝高血圧の疑いがあるのです。早朝高血圧の場合は、高血圧を治療するために降圧剤を服用しても、なかなか血圧が下がらないこともありますので、気になる方は、一度診察してもらった方が良いかもしれません。