高血圧の症状である貧血について

高血圧の症状である貧血について

高血圧の場合は、自覚症状が少なく、気づきにくいと言われています。そんな中で、貧血というのも、高血圧の症状の一つです。

高血圧によって、なぜ貧血が起こるのかというと、血液の中には、ヘモグロビンと言う者が存在しており、それによって、体内に酸素を運ぶことができています。しかし、高血圧であることにより、ヘモグロビンが減ってしまうため、体は酸素不足になってしまい、貧血が起こるという事になります。

高血圧の方の貧血の特徴としては、何かの動作をした時に起こるということが挙げられます。例えば、急に立ち上がると、血圧が低下するのですが、そういった時に、クラッとしてしまうということがあります。また、降圧剤の副作用として、こういった貧血が起こる事もありますので、急に血圧が下がる様なことを避けた方が良いでしょう。少し安静にしていれば、すぐに回復しますから、そこまで重症だということはありません。

貧血を起こした時には、体を締め付ける様な洋服は脱いで、頭よりも足を高くあげるようにすると、回復も早いでしょう。もし体が冷えているのであれば、温めるのも効果的です。貧血が起きた時には、試してみてください。