高血圧の合併症である脳出血について

高血圧の合併症である脳出血について

脳卒中の一つである脳出血も、高血圧の合併症の一つです。脳出血というのは、その名前の通り、脳の血管が破れてしまい、出血を起こした状態になりますが、高血圧というのは、脳の血管をも詰まらせてしまうのです。脳の血管で動脈硬化を起こしてしまうと、血管は徐々にその状態に耐えられなくなってしまい、破れることがあります。

脳出血を起こした後、出血した血は脳の中で固まります。どんどんこの塊が大きくなり、脳が正常に働かなくなってしまうのです。脳を圧迫することになるため、当然でしょう。どういった症状が起こるのかというと、体が麻痺してしまう、片方だけ麻痺が起きる、意識障害が起きるといったことが挙げられます。脳出血によって死に至る可能性もあります。

こういった病気だからこそ、高血圧を早めに改善して、動脈硬化が起こらないようにしなければなりません。高血圧は、こういった危険性のある病気なのです。