高血圧の合併症である脳梗塞

高血圧の合併症である脳梗塞

脳梗塞というのは、場合によっては死に至る病気であり、何らかの理由によって脳の血管が詰まり、血液が行き届かなくなってしまうために、脳の細胞が死んでしまうという状態になります。脳への血管というのは多々ありますが、どの血管が詰まったかによって、体には様々な影響が出てきます。死に至らなかったとしても、体が麻痺してしまったり、言語障害が起きたりする可能性もあるのです。

そんな脳梗塞は、高血圧の合併症として起こることもあります。高血圧によってなぜ脳梗塞が起こるのかというと、最初に、動脈硬化が起こり、そこから脳梗塞へと繋がるのです。また、高血圧は心臓病を引き起こすことがありますが、心臓病から脳梗塞に繋がることもあります。つまり、高血圧は、それだけリスクが高いということです。

脳梗塞というのは、50歳以上で起こることが増えますが、高血圧も高齢になることによって起こりやすくなります。だからこそ、脳梗塞を防ぐためにも、早めに高血圧を治療することが大切です。