高血圧と寝起きについて

高血圧と寝起きについて

低血圧の場合は、寝起きが悪くなると言いますが、高血圧の場合はどうなのでしょうか。高血圧の場合には、寝起きが良い方もいますが、寝起きが悪い方もいます。つまり、高血圧の場合は、寝起きに関係ないということになります。

高血圧というのは、寝起きに高くなることもあり、できれば毎朝起きた時に血圧を測るのが良いとされています。そうすることで、早朝高血圧かどうかを確かめることもできます。毎朝、起きた時に測った時に血圧が高いという場合、早朝高血圧の可能性があります。すぐに早朝高血圧だと判断できるわけではありませんが、早朝高血圧の疑いがあるのであれば、就寝前にも血圧を測るようにしましょう。夜になると、血圧が下がるというのが一般的ですが、早朝高血圧の場合には、血圧が下がらずに、そのまま朝を迎えることがあります。

寝起きの良し悪しとは関係ありませんが、起きた時に血圧を測定するのは大切なことですから、毎日の習慣にしてみてください。