高血圧と年齢の関係について

高血圧と年齢の関係について

高血圧になるのは、高齢の方が多いと言われていますが、若ければ絶対に高血圧にならないかというと、そうとは限りません。そこで、高血圧と年齢の関係についてご紹介しましょう。

まず、男女の違いですが、男性と女性では、男性の方が高血圧になりやすいと言われています。その上、男性の場合は、50歳になると、およそ5割の人が高血圧だと言われているのです。女性の場合には、60代になった時に、およそ6割が高血圧だと言われているため、注意しなくてはなりません。高齢になると、その他の生活習慣病にかかることも多くなるため、高血圧の合併症にも注意が必要です。

若い方でも、実際に高血圧で悩む方はいますし、女性の場合は、妊娠をしたことによって高血圧になり、出産後も高血圧が改善されないという場合があります。そうすると、様々なトラブルに繋がるため、生活習慣を改善するなどの工夫が必要でしょう。年配の方は、およそ5割が高血圧という結果になっているため、他人事ではありませんよね。そういった年齢との関係も把握した上で、高血圧の改善を心がけてみてはいかがでしょうか。