妊婦は高血圧の人が多いのは本当?

妊婦は高血圧の人が多いのは本当?

妊娠をすることによって、高血圧になる方は多いと言われています。妊婦さんが高血圧になる状態のことを、妊娠高血圧症候群と言いますが、高血圧や尿たんぱくの状態から、診断されるものになります。場合によっては、むくみも妊娠高血圧症候群の症状の一つとされていますので、目安にしている医療機関もあるでしょう。

妊娠高血圧症候群の原因は明確ではありませんが、妊娠をしたことによって体の中で大きな変化が現れているというのは確かですので、そういった体の変化によって起こっているものだと言えます。妊娠後期になってから、こういった症状が起こることが多く、妊婦さんのおよそ10%は妊娠高血圧症候群だと言われています。妊婦さんが高血圧の状態になると、早産にもなりやすいですし、胎児への影響を考えて帝王切開をすることもあります。いずれにしても、決して安心できるものではありませんので、もし妊娠高血圧症候群だと診断された場合には、胎児に影響がない薬などを使いながら、血圧の上昇を抑える必要が出てきます。

このように、妊婦さんは高血圧になりやすくなりますので、元々血圧が高かったという方は、妊娠した時には特に注意が必要になります。場合によっては、入院することもありますので、胎児のことを考えた生活習慣を送るように心がけてみてください。