高血圧の方向けの入浴法

高血圧の方向けの入浴法

入浴をすることによって、血圧が上昇してしまうため、高血圧の人は、浴槽に浸からない方が良いと思っている方もいるようですが、必ずしもそうだというわけではありません。高血圧の方も、入浴法に気を付けることによって、反対に血圧の上昇を抑えることにも繋がるのです。

まず、お湯の温度ですが、適温とされているのは38度から40度ぐらいです。42度ぐらいに設定している方も多いでしょうが、温度が高すぎてしまうと、血圧が上昇してしまうため、ぬるめに設定するのが良いと言われています。また、肩まで浸かるのではなく、高血圧の場合は半身浴の方が適しています。肩までつかってしまうと、心臓に負担が掛かり、心臓病などの合併症が起こっている方は、特に注意が必要です。ですから、なるべく半身浴をしながら、お湯に浸かる時間も短めにすると良いでしょう。

その他にも、入浴をする前に、浴室を温めておく、降圧剤を飲んだ後にお風呂に入るのは避ける、入浴をする前に何かしらの水分を摂取するといったことを心がけるようにするだけでも、血圧の上昇を抑えることができますので、毎日の入浴の際には、注意してみてください。