高血圧とはどういった状態なのでしょうか?

高血圧とはどういった状態なのでしょうか?

高血圧は、その名前の通り、血圧が高いという状態を表します。血圧はなぜ高くなるのかというと、なんらかの原因によって、血管が収縮することがあるのですが、血管が細くなることによって、その分血液の流れも変わってきますので、それによって血圧も上昇するのです。

血圧には、収縮期血圧と拡張期血圧というものがあり、どちらか一方だけ高い場合であっても、高血圧だと判断されます。血圧には基準値というものが設けられていますので、その数値を把握していなければ、自分で高血圧かどうか判断はできません。最近では、家庭で血圧を測定することもできるため、家庭用の血圧計をお持ちの方もいらっしゃるでしょうが、その時には、高血圧の基準を把握した上で、それと自分の血圧を比較してみましょう。そうすることで、自分は高血圧なのか、高血圧の予備軍なのか、それとも正常なのかといったことが判断できます。

高血圧というのは、収縮期血圧が140mmHg以上、若しくは拡張期血圧が90mmHg以上ということになりますので、覚えておいてください。高血圧は合併症を引き起こすこともありますので、万が一高血圧に当てはまるようであれば、受診した方が良いでしょう。