高血圧と低体温の関係について

高血圧と低体温の関係について

高血圧というのは、日本人の2人に1人の割合で発生しているとも言われていますので、非常に身近な病気なのです。だからこそ、高血圧では無い方も、高血圧に関する知識を身に付けておくことが大切ですが、高血圧と低体温には関係があるといったことをご存知でしょうか。

高血圧というのは、心筋梗塞などを引き起こすとも言われており、それだけ心臓にも大きな負担を掛けると言われています。そういった負担を軽減させるために必要なのが、低体温の解消とも言われているのですが、体温を上げることにより、血管の収縮を防ぐことができるのです。血管が収縮をすると、血圧というのは上昇しやすくなりますし、血管の内側に脂が存在することにより、血栓となって血圧が上昇することもあります。この血栓が、高血圧の合併症にも繋がるものですから、血管内の脂を取り除くことが大切です。

高血圧の原因は、体の冷えにあるとも言われているのですが、体が冷えているというのは、低体温であるとも言えます。つまり、低体温を改善することが、高血圧の改善に繋がるということです。なかなか知られていないことですが、女性の場合は低体温の方も多いと言われていますので、高血圧になりやすいと言えるでしょう。高血圧ではない方も、それを防ぐために、低体温を改善するように心がけてみてはいかがでしょうか。