高血圧と低血圧について

高血圧と低血圧について

高血圧というのは、様々な病気に繋がるとも言われており、最悪の場合は死に至ることもあります。だからこそ、高血圧は注意しなければならないと言われていますが、反対に、低血圧という状態も存在します。

低血圧というのは、言葉の通り、高血圧の反対を指しますが、低血圧であることにより、めまいや冷え、頭痛、だるさといった症状を引き起こします。ですから、決して甘く見てはいけないのです。遺伝によって低血圧となることが多いと言われており、自覚症状が無い場合もあります。だからこそ、気づきにくく危険だと言われていますが、低血圧も、病気が原因で起こっている場合があります。たとえば、心臓病が原因で低血圧になることもあるため、そういった時には、病気を治療すれば、血圧も正常に戻ることでしょう。

低血圧を改善する方法は、高血圧と同じく、適度に運動をするということになります。そして、生活習慣を見直して、なるべく体力を付け、体を温めることが、低血圧の改善に繋がります。高血圧ではないから大丈夫だと思わずに、低血圧も改善するように心がけてみましょう。