高血圧と痛風の関係について

高血圧と痛風の関係について

高血圧は、様々な合併症を引き起こすと言われていますが、痛風もその一つです。痛風かどうかを判断する方法は、多くの方がご存知なのではないかと思いますが、痛風というのは、尿酸が蓄積されることにより起こるものになります。どのくらいの確率で、合併症を引き起こすのかというと、痛風の方のおよそ4割は、高血圧であると言われているほどなのです。高血圧というだけでも深刻なのにも関わらず、その上痛風ともなると、治療にはある程度の時間が掛かることでしょう。また、高血圧というのは、痛風だけでなく、高尿酸血症を引き起こすとも言われており、降圧剤を処方されている方ほど、合併症を引き起こす確率が高まります。だからこそ、早めに高血圧を治療することが大切なのです。

痛風というのは、血液の尿酸値が高いという状態を指しますが、高血圧であることによって、体内に尿酸が溜まりやすい状態になってしまうのです。高血圧と痛風の症状が現れている場合は、心筋梗塞などの危険性も高まると言われているため、決して甘く見てはいけません。痛風というのは、自分で気づきにくいこともあるでしょうが、高血圧の方は、痛風になる可能性があるということを把握した上で日常生活を送るように心がけ、なにか気になる症状があれば医師に伝えることをおすすめします。