高血圧の測定方法

高血圧の測定方法

高血圧かどうかを調べるためには、血圧を測定する必要があります。正しい方法で血圧を測定しなければ、高血圧かどうか正しい判断が出来なくなってしまいますので、まずは正しい血圧の測定方法から知ることが大切でしょう。

血圧の測定方法には、医師による聴診によって測定をする方法と、血圧計を使用した測定方法があります。一般的には、血圧計を使用して測定をすることになるでしょうが、病院にて血圧を測定する場合は、腕にカフというものを巻き、動脈を圧迫して、一度血液の流れを止め、その後で一気にカフを緩めることによって血液が流れだしたところで、聴診によって音を聴き、血圧を測定するという方法が一般的であり、この方法をコロトコフ音と言います。

血圧計だけを使用して測定する方法としては、カフを腕に巻いて一度血液の流れを止め、再度血液を流すというところまでは同じですが、そこから動脈壁がどのように振動しているのかという事を自動的に計測することができるものなのです。

血圧の測定方法ですが、緊張しすぎてしまうと、血圧が上昇してしまいますので、リラックスした状態で血圧は測定していきましょう。椅子などに座った状態で、背筋を伸ばし、心臓となるべく同じ高さにカフを巻いて測定します。血圧計にもいくつかの種類がありますが、腕にカフを巻いて計測する方が正確に測ることができるでしょう。

こういったことに注意しながら、正しい血圧を測定し、毎日測定した結果、高血圧の可能性があるのであれば、受診をするという方法が良いでしょう。