高血圧だと診断される数値について

高血圧だと診断される数値について

高血圧かどうか分からないという方、高血圧が気になる方は、高血圧の数値を把握しておくことも大切でしょう。

高血圧だと診断される数値としては、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上ということになりますので、基本としては、この数値を把握しておけば大丈夫でしょう。

もっと詳しく知りたいという場合は、Ⅰ度高血圧が最高血圧140から159mmHg、最低血圧が90から99mmHgであり、Ⅱ度高血圧が最高血圧160から179mmHg、最低血圧が100から109mmHg、Ⅲ度高血圧が、最高血圧180mmHg以上、最低血圧が110mmHg以上ということになります。そして、正常高血圧が、最高血圧130から139mmHg、最低血圧が85から89mmHgということになりますので、正常高血圧の方は、高血圧になる可能性が高いということになります。今の段階で高血圧ではないからと言って、安心していると、高血圧になってしまうという可能性もありますので、今のうちから、生活習慣を見直した方が良いでしょう。

このように、数値を見るだけでも、対策が異なります。いずれにしても、高血圧だという場合には、一度受診した方が良いと思いますが、自分がどの辺りの数値なのかを確認するためにも、一度測定してみてください。