高血圧とサウナの関係について

高血圧とサウナの関係について

サウナというのは、健康に良さそうなものだと思うかもしれませんが、高血圧の方はサウナに注意しなければなりません。サウナに入ることにより、大量に汗をかくことになりますが、汗が出ることによって、体内の脂肪分などを洗い流すことができます。また、血液の流れも促進されますので、血液の病気の予防にも繋がるのです。+

高血圧の合併症として、血液に関する病気もいくつかありますので、そういった病気の予防になるのは大きなメリットだと思いますが、サウナに入ることによって、血圧が急激に上昇してしまいますので、高血圧の方は、サウナに入らない方が良いと言われています。高血圧の治療を受けている方は、念のため医師に相談をし、もし止められるようでしたら、サウナは避けた方が良いでしょう。サウナに入ったことによって、動脈硬化が起こる可能性もあるのです。高血圧の他に、高齢者の方、循環器系の疾患をお持ちの方も、サウナは避けた方が良いと言われていますので、気を付けてください。

万が一、サウナに入る時には、サウナに入った後にきちんと水分を摂取するようにしてください。水分を摂取しなければ、血栓が出来やすくなると言われていますので、せっかくサウナによって血液がサラサラになる可能性があるにも関わらず、それを台無しにしてしまうことになります。こういったことに気を付けながら、高血圧の方は、サウナの入り方について考えてみてください。