高血圧と高脂血症について

高血圧と高脂血症について

血液の中には、脂質が存在していますが、その脂質が増えてしまった事によって起こるのが、高脂血症です。高脂血症よりも、高血圧の方がご存知の方も多いと思いますが、意外と怖いのが高脂血症なのです。

高血圧の場合、分かりにくいものではありますが、めまいなどの自覚症状があります。しかし、高脂血症の場合は、初期段階で自覚症状が無いと言われており、進行した上で、やっと自覚症状が現れるのです。しかし、その時には、既に動脈硬化が進んだ状態であり、心筋梗塞などを起こすこともありますので、最悪の場合は、そのまま死に至ってしまうこともあります。

高血圧の場合も、動脈硬化を引き起こすことがありますが、高脂血症の場合は、血液の中に脂質が増えることにより、血管の中にある壁に脂質がくっついてしまい、段々と動脈硬化が進行するものだと言われています。つまり、血液の中に中性脂肪、コレステロールといったものが溜まるのを避けることが大切になりますので、食生活を見直すということも必要です。なるべく、カロリーが低いものを食べる、脂肪分が少ないものを食べるといった食生活を心がけなくてはなりません。

また、高血圧の場合も、肥満には注意しなければなりませんが、高脂血症の場合も同様です。肥満気味の方は、高血圧になる可能性もありますし、高脂血症になる可能性もあります。だからこそ、肥満をなるべく早く解消するように心がけ、合併症を引き起こさないようにしましょう。

高血圧も危険なものですが、高脂血症も怖い病気であるということを忘れないようにしてください。