高血圧の危険因子について

高血圧の危険因子について

高血圧には、多くの危険因子があると言われています。自分は高血圧にはならないだろうと思っている方も居るでしょうが、当たり前の日常生活の中にも、高血圧の危険因子は多々潜んでいるのです。

たとえば、肥満もその一つであり、肥満であるというだけでも、高血圧になる可能性は高くなります。肥満の方は、一般の方に比べて、2倍から3倍ほど高血圧になる可能性が高くなるとも言われているのです。また、アルコールも危険因子と言われており、アルコールを毎日過剰に摂取した場合は、血圧の上昇に繋がりますし、タバコを吸う、ストレスを溜め込む、塩分を過剰摂取する、睡眠不足といった事も高血圧の危険因子となります。

タバコを吸っている方も多いでしょうし、仕事が忙しく睡眠不足になってしまう方、ストレスを発散する機会が無い方も居るでしょう。こういった事が、全て高血圧に繋がるわけですから、なるべく高血圧の危険因子をなくすことが、高血圧の予防、改善に繋がります。