高血圧とうつの関係

高血圧とうつの関係

高血圧の治療を行っている方の中には、うつ病に罹ってしまう方も居ると言われています。高血圧とうつには、どういった関係があるのでしょうか。

高血圧の患者さんの、およそ3割もの方がうつ状態であるというデータもあるようですから、高血圧の治療を行っている方は、うつ病になる可能性があるということを把握しておいた方が良いでしょう。高血圧の原因として、ストレスが挙げられます。ストレスを抱え込んでしまうことにより、うつになることもあれば、高血圧になることもあるのです。高血圧の状態でも、ストレスが掛かり続けている場合には、高血圧だけでなくうつ病になってしまうこともあるでしょう。反対に、先にうつ病にかかり、その後で高血圧になってしまう可能性もあります。

また、高血圧の治療に使われる降圧剤の中には、副作用として、うつの症状が現れることがあります。意欲が低下したり、体がだるいと感じたりすることもありますが、これはうつ病でも現れる症状ですから、降圧剤を服用している方も注意が必要です。もし、うつ病の症状が現れてしまった場合には、うつ病の治療を行ったり、降圧剤の種類を変えたりする必要が出てくるでしょう。なかなか自分では気づきにくいかもしれませんが、もしうつ病のような症状が現れた際には、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。