高血圧は朝注意しましょう

高血圧は朝注意しましょう

高血圧の方は、朝血圧が急激に上昇してしまう傾向にあります。通常の場合でも、血圧というのは、朝になるにつれて上昇するものですが、普通の方以上に血圧が上昇し、朝から高血圧の状態になる事があるのです。それを、早朝高血圧と言います。

朝になると、人間というのは交感神経が活動しますので、自然とノルアドレナリンが分泌されることになります。そうすると、血管が収縮し、血圧の上昇に繋がるため、早朝高血圧になると言われています。

降圧剤を服用すれば、日中の血圧上昇を抑制することができますが、降圧剤を服用していたとしても、早朝高血圧になってしまう事は多いと言われています。年齢を重ねるにつれて、通常は夜になると血圧が下がるものですが、夜になっても血圧が下がらないことが増えてきます。そのまま朝になり、血圧が下がらない状態であるという事も、早朝高血圧に当たります。夜になっても血圧が下がらないという方は特に注意が必要で、合併症を引き起こす可能性が高くなりますので、早朝高血圧かどうかを確かめるためにも、夜と朝の12回は必ず血圧を測定するようにした方が良いでしょう。