高血圧とアルコールについて

高血圧とアルコールについて

高血圧とアルコールには、深い関係があると言われています。同じ年齢であっても、アルコールを毎日飲む方とそうでない方では、アルコールを毎日飲む人の方が、10歳以上もの血圧の数値を示すという研究結果も出ているようです。それほど、アルコールは血圧に影響を与えるということになります。

アルコールを飲むことによって、血圧を下げることが出来るという話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、それはわずかな量の事を言うのです。大量に飲んでしまうと、心臓の収縮も早くなってしまいますし、血管の収縮にも繋がります。また、アルコールは腎臓にも影響を与えますが、腎臓のカルシウム、マグネシウムといった栄養素も失われてしまうと言われているため、様々な事が影響して、結果的に血圧上昇へと繋がるのです。

高血圧の方は、必ずしもアルコールを断たなければならないというわけではありませんが、目安としては、ビールで瓶1本分、焼酎でお湯割り17杯分だと言われていますので、なるべくこの量の範囲内で飲む様に心がけましょう。