運動療法を行う時間帯について

運動療法を行う時間帯について

高血圧を改善するにあたり、運動療法を取り入れる方も多いと思いますが、出来れば運動効果を高めたいと、誰もが思うことでしょう。一日の中で、どういった時間帯が最も運動するのに効果的かというと、昼間だと言われています。

昼間というのは、代謝が活発になりますので、脂肪燃焼効果が高まると言われています。昼間には、交感神経が働くため、運動をするには最も良い時間帯なのです。肥満の解消は、高血圧の改善にも繋がりますので、出来れば昼間に運動することをおすすめします。

反対に、避けた方が良い時間帯というのは、朝だと言われています。朝というのは、副交感神経から交感神経に変わる時間帯になりますので、血圧も安定していません。全く効果が無いわけではありませんが、せっかく運動するわけですから、出来れば昼間に、それが難しい場合は、夕方かた夜にかけて行ってみてはいかがでしょうか。

こういった時間帯を気にするだけでも、随分と効果が違ってくることでしょう。