高血圧と睡眠時無呼吸症候群の関係について

高血圧と睡眠時無呼吸症候群の関係について

高血圧といびきには関係性があるという話を耳にしたことがある方もいると思いますが、結果から言うと、これは本当の話です。なぜいびきと高血圧には関係があるのかというと、いびきをかいている方の中には、睡眠時無呼吸症候群の方も多いと言われています。

睡眠時無呼吸症候群というのは、寝ている時に、気道が完全にふさがってしまい、一時的に呼吸が止まるという状態を繰り返す状態の事を言います。寝ている間の事ですから、自分では睡眠時無呼吸症候群だと気付かない事が多いと言われていますが、睡眠時無呼吸症候群になると、低酸素血症という状態になる事があります。呼吸が出来ない状態になるわけですから、酸素不足になるのは当然だと言えるでしょう。酸素不足になると、自然と心臓が血管を収縮させるなどして、より多くの酸素を取り入れようとするのです。

血管が収縮すると、血圧が上昇すると言われているため、高血圧に繋がるのです。睡眠時無呼吸症候群は、お酒やたばこ、肥満といった事が原因に繋がると言われているため、睡眠時無呼吸症候群の方は、こういった症状を改善することが、高血圧の改善、予防にも繋がります。