高血圧の治療薬であるarbについて

高血圧の治療薬であるarbについて

高血圧を治療する薬はいくつかありますが、その一つに、arbというものがあります。arbというのは、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬というものであり、血管が収縮するのを抑制する効果や、血圧上昇に繋がる物質の働きを抑制する効果があると言われています。降圧剤にもいくつか種類がありますが、この数年間で、高血圧の治療にarbが使用されることが多くなっているのです。

アンジオテンシンⅡという物質は、血管を収縮させる作用があるため、この物質があることによって、血圧が上昇するのです。もちろん、必ずしもこの物質が原因で血圧が上昇するわけではありませんが、少なくとも、arbを使用することによって、その働きが抑制できるわけですから、血圧の上昇を抑える効果があるのは当然だと言えるでしょう。

Arbを服用することにより、動脈硬化などの抑制効果も得られるようですから、高血圧になった時には、こういった薬を使用することも検討してみると良いでしょう。但し、全くリスクが無いわけではありませんので、そういった点についても確認することをおすすめします。