グレープフルーツと相性の悪い降圧剤について

グレープフルーツと相性の悪い降圧剤について

降圧剤とグレープフルーツなどは相性が悪く、トラブルを起こす可能性があると言われていますが、降圧剤が全てそういったトラブルを招くわけではありません。では、どういった降圧剤がグレープフルーツと相性が悪いのかというと、カルシウム拮抗薬という降圧剤になります。カルシウム拮抗薬と一緒にグレープフルーツなどを摂取することにより、血圧が低くなりすぎてしまう事があります。血圧が低くなりすぎるのは良いと思われがちですが、血圧は低すぎてもいけません。カルシウム拮抗薬が医師から処方されるときには、そういったリスク面での説明も受けると思いますが、あらかじめ把握しておきましょう。

グレープフルーツだけでなく、夏みかんやボンタンなどでも、同じトラブルを招くと言われています。但し、それ以外のオレンジジュースなどであれば大丈夫です。万が一の事を考えるのであれば、そういったものも控えた方が良いかもしれませんが、基本的には大丈夫だと言われています。

カルシウム拮抗薬としては、ジヒドロピリジン系、ベンゾチアゼピン系、フェニルアルキルアミン系といったものがあります。その中には、グレープフルーツの影響を受けないものもありますので、どうしてもそういった降圧剤の方が良いのであれば、医師に相談してみましょう。