産後高血圧症について

産後高血圧症について

妊娠中というのは、高血圧になりやすいと言われているため、高血圧を治療するために薬を処方されている方もいるのではないかと思います。こういったことは珍しいことではありませんが、場合によっては、産後も高血圧の状態が続くことがあり、これを産後高血圧症と言います。

一般的に、妊娠高血圧症の場合には、出産をすれば、血圧は正常な状態に戻るのです。しかし、産後12週経っていても、血圧が一向に下がらないという場合には、本格的に高血圧の治療をする必要が出てくるかもしれません。こういった方の中には、妊娠をする前の段階から、高血圧に関する兆候があり、妊娠をしたことによって高血圧になってしまったという事があります。こういった方の場合には、元々高血圧の傾向があったため、それが本格的に高血圧になってしまったという事になります。

もちろん、早い段階で治療をすれば、そこまで治療に時間が掛からないでしょうし、子育てをしながらでも、無理なく治療が続けられると思います。勝手に妊娠によるものだからいつか下がると思い込むのではなく、万が一の事を考えて、なるべく早く病院に行くようにしましょう。