高血圧の夏の過ごし方

高血圧の夏の過ごし方

高血圧の方は、夏の過ごし方にも注意した方が良いでしょう。なぜ夏と高血圧が関係するのかというと、夏というのは、暑い季節ですから、自然とスポーツドリンクなどの飲み物を摂取する機会が増えるのではないかと思います。確かに、スポーツドリンクを摂取することは、熱中症の予防に繋がります。しかし、そこまでスポーツなどによって塩分を排出していないにも関わらず、糖分の含まれているスポーツドリンクを摂取してしまうと、その分体内の塩分が濃くなってしまい、血液の流れが悪くなることもあるのです。

高血圧の方は、夏になると汗をかくからと言って、安心している場合もあるかと思います。水分を摂取することは大切ですが、スポーツドリンクなどではなく、高血圧の方の場合は、糖分の含まれていない飲み物を摂取するようにしましょう。また、クーラーの効いている部屋から暑い外へと行くことが多いと、体にも悪影響となってしまいますので、なるべく温度差が無い環境で過ごすようにしましょう。仕事場などで、クーラーの調整が出来ないという時には、何か羽織るものを用意する、ブランケットをかけるなどして、体温調節を上手く行うことが大切です。高血圧の方は、夏の過ごし方を見直してみましょう。