高血圧に関係性のある狭心症と心筋梗塞

高血圧に関係性のある狭心症と心筋梗塞

高血圧の状態が長く続くと、動脈硬化が起きることもあります。動脈硬化が起きると、そこから狭心症が発症する可能性もありますので、注意が必要です。高血圧の方の中には、胸が苦しい、違和感があるといった症状を訴える方も居るようですが、そういった症状は狭心症の可能性もありますので、早めに治療を行った方が良いでしょう。医療機関では、高血圧の状態であることを伝えた上で、胸が苦しいなどの症状も詳しく伝えましょう。

また、高血圧が原因で心筋梗塞になることもありますが、心臓の冠動脈が動脈硬化を引き起こすことにより、血圧の循環がうまくいかなくなり、血栓が出来るために、心臓の筋が壊死してしまうという事になります。心筋梗塞で亡くなる方は非常に多く、症状を訴えてから短時間で死に至る場合もありますので、心筋梗塞が発症することを抑えるためにも、高血圧の治療をすることが大切だと言われています。高血圧が心臓に掛ける負担は大きいですから、甘く見ずに日常生活にも気を付けましょう。