高血圧が遺伝する確率はどのくらい?

高血圧が遺伝する確率はどのくらい?

高血圧は遺伝の可能性もありますが、必ずしも高血圧が遺伝によるものだとは言えません。ではどの程度の確率で遺伝してしまうのでしょうか。

両親がどちらも高血圧だという場合には、子供が高血圧になるのは、2分の1の確率になります。両親のどちらか一方が高血圧だという場合には、3分の1の確率になりますので、両親が高血圧という事に比べると、遺伝もしづらくなってくると言えるでしょう。

また、両親が高血圧で無ければ、遺伝によって高血圧になることが無いのかというと、そういったわけでもありません。両親が高血圧で無かったとしても、20分の1の確率にはなりますが、高血圧になる可能性があるのです。ですから、両親が高血圧で無かったとしても、安心は出来ないでしょう。

もちろん、全ての方が遺伝によって高血圧になっているわけではありません。生活習慣が原因で高血圧になってしまう事も多いですから、遺伝だから仕方ないと思わずに、治療をすることが大切です。