自宅と病院での血圧の違いについて

自宅と病院での血圧の違いについて

診療所血圧や家庭内血圧といったように、測る場所によって名前が変わることもありますが、どういった違いがあるのでしょうか。

一般的に、自宅というのは一番リラックスできる場所だと思いますので、自宅で計測する時には、数値も落ち着きやすいと言えます。一方、病院で計測する場合には、気持ちを落ち着かせようと思っても、緊張してしまう場合もありますので、人によっては、病院で計測すると高血圧になってしまうという方も居るのです。もちろん、自宅と病院での血圧がほとんど変わらないという方も居るでしょうが、病院の数値の方が異常に高いという場合には、緊張しやすい傾向にあるのだと思います。

どちらを信用すれば良いのかというと、自宅で計測する数値の方で良いでしょう。緊張している時というのは、誰でも血圧が上昇してしまいますので、その数値は信用できません。もちろん、血圧が上昇する機会はなるべく少ない方が良いですが、病院で血圧を測る時に緊張しないようにと言っても難しい事でしょう。自分が高血圧かどうか分からないという場合には、自宅で計測できる血圧計などを購入し、測定するようにしてみましょう。もし自宅で測った場合でも高血圧になってしまうようであれば、治療が必要なこともあります。