白衣高血圧と仮面高血圧について

白衣高血圧と仮面高血圧について

高血圧の中で、白衣高血圧や仮面高血圧と呼ばれるタイプのものもありますが、これはどういったものかというと、白衣高血圧というのは、外来血圧の時には高血圧でありながら、家庭で血圧を測る時には正常だという事を指します。これは、診療所高血圧という呼ばれ方をすることもありますが、家庭で計測する時に正常なのであれば、特に問題は無いでしょう。病院に行ったとしても、その状況を話せば、治療は必要ないと言われると思います。

反対に危険なのが、仮面高血圧です。外来血圧を計測すると正常なのにも関わらず、24時間血圧では高血圧だという時の状態を仮面高血圧と言いますが、こういった場合は何らかの病気に繋がる可能性があると言われていますので、治療が必要になります。仮面高血圧の方は、診療血圧では正常値を示すため、なかなか高血圧であることに気づきにくいという特徴があります。自覚症状が現れている時には、念のためそのことを医師に伝え、場合によっては24時間血圧を測定してみた方が良いでしょう。