高齢になると最大血圧だけ上昇しやすい?

高齢になると最大血圧だけ上昇しやすい?

高血圧というのは、最大血圧と最小血圧というものがありますが、高齢になると、最小血圧は低めに、そして最大血圧は高くなるという傾向があります。なぜこういった傾向があるのかというと、高齢になることによって動脈硬化が進行するため、最大血圧だけ高くなるという傾向にあるのです。こういった血圧の事を収縮期高血圧とも言いますが、高齢の方に多い状態になります。

こういった状態は、決して良いものではありません。動脈硬化が進行すると、当然命に関わる危険性もありますので、収縮期高血圧の方も、きちんと治療を行う必要があります。そのまま放置してしまうと、動脈硬化は更に進行してしまいますし、合併症を引き起こす危険性もあります。たとえ自覚症状が現れていなかったとしても、健康診断などで高血圧だという結果が出ている場合には、きちんと受診するようにしましょう。