高血圧とカテキンの関係

高血圧とカテキンの関係

緑茶は、高血圧を低下させるのに効果的だと言われていますが、緑茶に含まれているカテキンには、血圧の上昇を抑える効果があるのです。カテキンというのは、お茶に含まれていますが、よりカテキンを多く摂取するためのお茶の飲み方というものがあります。

カテキンというのは、できるだけ熱いお湯でお茶を入れた方が多く摂取出来ますし、出来るだけお茶の葉を入れたばかりの状態で飲んだ方が良いのです。お茶の葉を変えずに、3杯、4杯飲む事もあるでしょうが、効果的なのは、1杯目や2杯目という事になります。もちろん、3杯目以降であってもカテキンが摂取出来ないわけではありませんが、飲むのであれば、出来るだけ新しいお茶の葉を使うと良いでしょう。

カテキンは、一日にどのくらい摂取すれば良いのかというと、1日1gを目安にしてください。1gというと、すごく少なく感じるかもしれませんが、お茶にすると結構な量になります。それを毎日飲むのが大変であれば、カテキンが含まれているサプリメントを利用すると良いでしょう。

気を付けなければならないのは、タンパク質とカテキンを一緒に摂取すると、効果が少なくなってしまうという事です。そういったことにも気を付けながら、上手にカテキンを摂取して、高血圧予防に努めてみましょう。